スポンサーリンク




【バビロンの大富豪】大富豪になる7つの極意

コラム

はじめに

あなたはお金持ちになりたいと思いますか?

ほとんどの形はお金持ちになりたいなと思ってはいるものの、絶対になってやるぞと決意している人は実は少ないそうです。

今回ご紹介する本の中では、金貨が入った袋と知恵の書かれた粘土板のどちらか一方を選ぶときほとんどの人は金貨が入った袋を選ぶそうです。

ですが、金貨が入った袋は使ってしまったらなくなりますが、知恵の書かれた粘土版は金貨が入った袋を生むのです。

もう少し別の例えをしますと、お腹が空いてる人に魚を与えてもそれを食べてしまったらなくなるだけですが、与えた後も困らないように魚の釣り方を教えると言うことです。 

皆さんが欲しいのは金貨が入った袋ですか?それとも金貨が入った袋を生み出す知恵の書かれた粘土板ですか?

この記事を読んだ後には、おそらく知恵の書かれた粘土板を欲しくなると思います。

短い時間ですが、ぜひお付き合いください。

今回ご紹介する「バビロンの大富豪」は、約100年前にジョージ S クレイソンによって書かれた世界的名著になります。

今なお注目されているのは、時代が変わっても通用する金言に満ちているからです。

その根幹をなす基本原則が「バビロン大富豪アルカドが解く7つの極意」です。

それでは7つの極意というのは何かを見ていきましょう。

7つの極意とは

まずはじめにお金持ちになる基本法則が七つの極意であるということです。

1.まずは財布を太らせる。

2.出費・支出を管理し、予算を立てる。

3.貯めた資金を寝かさず、増やしていく。

4.財産を損失から守る。

5.自分の住まいを持って、有益な投資対象とする。

6.将来の収入を確保、準備する。

7.自分の能力・スキルを高め、もっと稼げるようにする。 

まずは1と2を実践することにより着実にお金を貯める仕組みを構築していきます。

特に大事なのは収入の1割を貯蓄に回すことです。

例えば、手取りの給料が20万だった場合2万の給料を毎月貯金に回します。

30歳から毎月2万円を貯金した場合六十歳になる頃にはいくらになってると思いますか?

「720万円」です。 

30年間で720万円の金額を安いと思う方もいると思います。

ただ、これはそのまま毎月2万円貯金していた場合です。

さらにお金を増やすヒントは、次にご紹介する3番目の極意にあります。

大富豪アルカドは、資産を築くには貯めたお金がさらに富を生み出す仕組みが必要があり、大事なのは、財布に入っているお金ではなく、川の流れのように絶えず注ぎ込まれるお金の流れを作ることと言ってます。

一言で言うと投資をしようということです。

それでは、どのように効果があるのか説明していきます。

投資の中でも比較的安全とされている全世界株式インデックスの長期投資を例にしてみます。

全世界株式インデックスというのは、ざっくりいうと世界中の 株式へ分散投資した投資信託のことです。

おおよその平均リターンは3から6%と言われていますが、今回は3%でシミュレーションしてみました。

もし三十歳から毎月2万円を、年3%の収益が期待される金融商品に30年間投資したら、いくらになると思いますか?

答えは1165.5万円です。

先ほどそのまま貯金して行った場合はそう、720万円でした 。

およそ1.6倍の成果です。

これが投資の世界で言われている「複利の効果」によるものです 。

時間を味方につければお金持ちになれることの証明ですね。

投資をしている方の中には資産を増やすスピードを高めようとして FX や仮想通貨に手を出す人もいます。

値上がり益、いわゆるキャピタルゲインを狙う。

その方が確かに当たれば大きいかもしれません。

ただ、リターンがでかいということはそれだけリスクをとらなければなりません。

しかも、元手が大きくなればなるほど損した時の金額が大きいです。

これは4番の極意である財産を損失から守ることにも反します。

長期投資は一見地味で時間もかかりますが、そのぶんリスクも抑えられ複利の効果も期待できるので結果としては一番確実に資産を増やしていくことができるのです。

次に5番目の極意である「自分の住まいを持って有益な投資対象とする」についてです。

家賃はただ支払って消えていくお金ですが、家を購入すればそのお金が資産になるということです。

ただ賃貸と購入はその人の 置かれてる状況や経済情勢によってどちらがいいのか変わってくるので慎重な検討が必要です。

6、将来の収入を確保・ 準備する

将来、自分に子供ができたときや老後のために貯金をしていくことが大切です。

また状況によっては自分に何かがあった時のために保険を検討する必要もあります。

今働けるからと言って、それが将来の保障には繋がらないので、保証を確実に確保するためにも準備していくことが必要です 。

7、自分の能力やスキルを高めてもっと稼げるようにする。

資格を取ったり本を読んで勉強して知識を蓄えるなど、より専門性を身につけることでお金を稼ぎやすくなります。

専門性を身に着けつつ、転職や副業をするのもありですね。

今よりも稼ぎが増えれば、そのぶん貯金額や投資の元手も増えより早くお金持ちになれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまで7つの極意についてお話しさせていただきました。

一見当たり前のようなことで、簡単に思えますが、 実際行動に移してる方は多くはないのではないでしょうか?

すぐにお金が欲しいと思って宝くじなどのギャンブルや 得体の知れない投資に手を出す人もいます。

今回お話しした7つの極意からもわかるように、お金持ちになる方法は想像以上に地味で時間がかかるものです。

ただ、そこに難しさはなく、やろうと思えば誰もが今日から目指せるものです。

お金持ちになる方法の本質は至極シンプルです。

冒頭でもお話ししましたが、 大事なのは金貨の入った袋よりも知恵の書かれた粘土板です。

この本を読むことで新たな知恵を手に入れることができると思います。

お金持ちになるために今日から7つの極意を守っていきましょう。

追加で、お金に関連する記事で「所有欲」についても書きましたのでもしよかったら読んでみて下さい(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました