スポンサーリンク
宅建士の転職




不動産の志望動機を、業界歴4年の宅建士が徹底解説!【テンプレあり】

不動産の転職
この記事を書いた人
Ryota Nakanishi

当ブログの管理人。静岡在住。宅建士・FP
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーの資格を保有。
高校卒業後、アパレル販売員から不動産業界へ。
賃貸仲介や賃貸管理などの仕事を約4年経験。
不動産会社員時代の経験や、資格で得た知識を活かして不動産やお金について情報発信をしています。不動産メディア『任意売却ラボ』を運営
不動産のご相談、ライティングや記事の監修などもしてますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
プロフィールの詳細>
ライティング依頼の詳細>
お問い合わせ>

Ryota Nakanishiをフォローする
  • 不動産業界に入ろうと思っているけど、志望動機をどう書いたらいいかわからない。
  • 志望動機を書くコツがあったら知りたい。

今回はこういった悩みを持つ方に向けての内容となってます。

私自身、4年前後の不動産業界の経験があり、複数回の転職で志望動機を作りこんできました。

また、人事にも携わっていた経験があるので、どういった人材を採用するかのポイントも把握しています。

不動産業界も、他の業界と同様、志望動機は採用の合否を左右する重要な判断材料です。

志望動機は履歴書だけではなく、面接でも必ずといってもいいほど聞かれることですので、いい加減な準備をしていたら採用される確率はグンと下がってしまいます。

ただ、より入念に作りこんでいくことで、確実に他の応募者より優位に立てることも確かです。

本記事では、志望動機のポイントを紹介するだけではなく、テンプレもいくつか用意しました。

うまくポイントを抑え、あなたの志望動機として活用できれば、採用される確率は一気に高くなるでしょう。

不動産の志望動機を書くポイント

まず、志望動機を書いていく上でのポイントをいくつか解説していきます。

ポイントを抑えることで、応募先の企業に何を伝えればいいのか明確化できます。

エピソードや数字を入れる

具体性を持たせることによって説得力が増します。

エピソードは人によって違うので、他の志望者と被ることがありませんし、オリジナリティがあります。

また、もしあなたが現職で実績を残していて、それが志望動機として使えるようなら、数字をアピールしていきましょう。

応募先の求人情報を見ながら、自分の過去の経験や実績で使えそうなものを紙に書き出してみるのもおすすめです。

自分の性格の長所を混ぜる

不動産といっても、業種・職種ごとに求められる能力は違います。

営業ではどういった人材が求められるのか、事務ではどういった性格が合っているのか考えていくことが必要です。

求められる能力を自分の長所に当てはめてみましょう。

ポイントは、長所でも業種・職種に当てはまらなければアピールにはなりませんし、逆に一見短所に見えることでも、捉え方を変えれば長所になることもあります。

たとえば、優柔不断は一見短所に思えますが、表現を変えれば「慎重」です。

事務作業などでは、正確さが求められる場面が多いので、慎重という正確はアピールポイントの一つになります。

こういったように、まずは短所・長所問わずリストアップし、そこから削ったり表現を変えて作りこんでいきましょう。

抽象的な志望動機は避ける

質問に対して答えたり、志望動機を伝えるうえで抽象化は避けましょう。

たとえば、「御社の○○という理念に共感したからです」「○○という商品に魅力を感じたからです」など。

質問に対しての答えにはなってるかもしれませんが、上記のような回答だけだと具体性がないため説得力に欠けます。

上記の場合ですと、「理念のどういうところに共感したのか」「商品のどういうところに魅力を感じたのか」というのを考えていくことが重要です。

前述したエピソードや数字を持ち出したり、他社や他の業界と比較すればさらに説得力はあがります。

志望動機に関する具体的な質問

履歴書だけではなく、面接でも志望動機は聞かれます。

ここからは、履歴書の作りこみに役立つだけではなく、面接でもよくある質問について解説していきます。

質問への答えをあらかじめ想定していくことで、志望動機により「深み」をもたせる事ができます。

想定される質問を元に、あらかじめ回答を準備しておきましょう。

なぜ不動産業界なのか

ポイントで解説したように、具体性が重要です。

現職の仕事内容、いままでのスキルや実績、経験、自分の性格からなぜ不動産業界にしてのか考えましょう。

他の不動産業界ではだめなのか、いままでの経験がどのように役に立つのかといったことをベースに回答していけば説得力が増します。

なぜその企業を選んだのか

企業側からしたら、なぜ何社も不動産業界がある中、自社を選んだのかは大変気になる部分です。

企業を選んだ理由を明確にしましょう。

その企業のどこに惹かれたのか、なぜ他の企業ではだめなのかを基準に考えていくとまとまりやすいです。

業績、社風、待遇、将来性など企業の魅力は人によって違うので、ホームページや求人をしっかり見ていきましょう。

なぜその職種を選んだのか

不動産業界というと、営業のイメージがありますが、事務や経理、総務、人事など他の職種もあります。

職種によって求められるスキルは違いますし、志望動機も違ってきます。

あなたが志望している職種にどんな能力や経験が求められるか整理し、それがいままでの自分の経験や正確から逆算して志望動機を考えていくと説得力が増します。

どういったキャリアを築いていきたいのか

応募者が未経験の場合、企業側は採用したとしてもまた別の業界に転職しないかは気になるところです。

あなたが不動産業界への転職をする場合、なるべく長期的にどうキャリアを築いていきたいか考えていくことが重要です。

長く働くことをアピールするためにも、応募先の企業でどういった仕事をしていきたいか具体的に説明することも必要です。

資格がない場合は、どういった資格をとっていきたいか伝えることもアピールになります。

不動産の志望動機の例文

不動産仲介営業の志望動機

私は、いままでアパレル販売業の仕事をしてきました。

しかし、アパレル販売ではノルマはあるものの、歩合給はなく、成果に見合った報酬ではありませんでした。

しかし、不動産業界では売れただけ自分に対してのリターンがありますし、いままで培った接客スキルも活かせます。

ちなみに、不動産業界にしたのは、いままで引っ越しの経験が多かったり、友人の住宅購入の付き添いで親しみがあったからです。

また、今年の宅建試験に向けて現在勉強中です。

私は粘り強い性格なため、地味な業務や高いノルマなどがあっても達成に向けて取り組んでいけますし、今後のキャリアアップのためにファイナンシャルプランナーや住宅ローンの資格取得も目指していきます。

ポイント

不動産の営業はタフな精神・体力が求められるだけでなく、売上について結果を求められる職種です。

お金について触れていますが、不動産仲介営業の場合はほぼ例外なくノルマを求められるので重要な部分です。

実際のところ、売上に貪欲というところをアピールした方が効果はあります。

とはいえ、売上だけに触れていてはお金だけが志望動機になってしまいますので、あわせてキャリアプランや、なぜ不動産業界にしたのかの理由を添えることも重要です。

不動産事務の志望動機

私はかねてより、人の生活の中心にある住まいについて関心がありました。

そのため、今回は家づくりについて○○という理念をもつ御社に共感しご応募させて頂きました。

売上重視の企業が多い中、お客様に寄り添う御社の理念は大変素晴らしいと思います。

私は、営業などは苦手ですが、事務作業など書類の扱い、細かい雑務などは得意です。

前職でも事務仕事でいかに効率よく業務を進めていけるか会社に提案したこともありましたし、システムの導入を提案したときは業務効率が上がったとお褒めの言葉を頂いたこともあります。

現在は宅建の勉強をしていて、不動産事務のプロとしてキャリアを築いていく準備をしているところです。

営業のように直接売上に貢献するような活躍はできないかもしれませんが、サポート面では貢献できるように努めていきます。

ポイント

不動産事務は「正確」「スピード」「気配り」など幅広い能力が求められる仕事です。

営業のような派手さはありませんが、事務のできで、成績が左右される営業マンもいるので重要な職種なのです。

自分の性格で事務職に適性だと思うところを書き出しましょう。

また、不動産事務職で宅建資格は重宝されますので、いまは持ってなくても取得に向けて動いていることはアピールしましょう。

まとめ

人によって経験や性格は違いますが、今回紹介してきたポイントを抑えていけばある程度は問題ありません。

ある程度というのも、どれだけ作りこんだとしても、自分だけで作った以上は主観の域を出ないからです。

客観的な分析も必要なので、転職エージェントなどの第三者の意見も必要です。

もし、あなたが既に応募したい企業が決まってるとしても、履歴書・職務経歴書を添削してもらうために利用するのも手段の一つです。

もしかしたら、いま応募したいと思っている企業よりも条件がいいところを紹介してもらえるかもしれません。

利用自体は無料ですし、書類の添削もしてもらえるので、ノーリスクです。

転職を成功させる確率を少しでも上げたい方は是非活用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました