スポンサーリンク




【悲報】住宅ローンのボーナス払いはリスクばかり【メリットはわずか】

住宅ローン
この記事を書いた人
Ryota Nakanishi

当ブログの管理人。静岡在住。宅建士・FP
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーの資格を保有。
高校卒業後、アパレル販売員から不動産業界へ。
賃貸仲介や賃貸管理などの仕事を約4年経験。
不動産会社員時代の経験や、資格で得た知識を活かして不動産やお金について情報発信をしています。不動産メディア『任意売却ラボ』を運営
不動産のご相談、ライティングや記事の監修などもしてますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
プロフィールの詳細>
ライティング依頼の詳細>
お問い合わせ>

Ryota Nakanishiをフォローする

住宅ローンを組むときのプランでボーナス払いを検討される方もいらっしゃると思いますが、よっぽどの事情がないかぎりは選ばないのが得策です。

タイトル通り、ボーナス払いはリスクばかりです。

今回の記事は、ボーナス払いにしようか検討されている方向けの内容となってます。

ボーナス払いは(わずかな)メリットもありますが、現在の社会情勢も踏まえてもリスクばかりです。

記事ではボーナス払いがいかにデメリットでリスクがあるのかお伝えしつつ、どういった返済方法がいいかも解説していきます。

本記事を読むことによって、あなたにとって最適な住宅ローンを組めるようになるはずです。

住宅ローンのボーナス払いはリスクばかり

住宅ローンのボーナス払いはリスクばかり

年2回のボーナス時期に多めに住宅ローンを支払うボーナス払いは、

  • 早く払い終われば家計が楽になる
  • 毎月の返済が楽になる。

などのメリットがありますが、デメリットのリスクを見ればそこまでメリットではないと感じるはずです。

それでは、ボーナス払いのデメリットを見ていきましょう。

ボーナスカットのリスク

「同一労働同一賃金」「年功序列の崩壊」など労働環境が現在進行形で変化していってます。

とくに「同一労働同一賃金法」は、派遣社員の待遇を上げると思われがちですが、「正社員の待遇を下げて派遣と同じ待遇にする」という会社も出てくると言われています。

そういった社会情勢の変化の中では、いつボーナスをカットされてもおかしくはありません。

ボーナスカットをされた途端、ボーナスの返済月の不足分は貯金から切り崩したりすることになるかもしれないです。ひどい場合ですと、他から借金をしてボーナス返済分にあててしまうことすらあり得ます。

ボーナスがあり続けるという前提でボーナス返済を選ぶのではなく、現在そして今後の社会情勢を踏まえてプランを選んでくことが重要です。

ボーナスが減ったりなくなったりする可能性を考えるとしたら、わざわざリスクを取ってボーナス払いを選ぶ必要がないことがわかります。

転職や独立の可能性がある

「終身雇用の崩壊」から、転職があたりまえになってきました。

住宅ローンを20代で組む方もいるので、30代で転職する場面が出てくる人もいます。

「転職=年収アップ」と思われがちですが、最初の数年は年数が低かったり、もし高くても業績が下がって年収ダウンということもあります。

独立にしても、業績によって収入が変わるので、収入は不安定になりがちです。

ボーナス払いにしていた場合、毎月の支払いが厳しくなるとボーナス払いの月はさらにきつくなるということになりかねません。

転職や独立を将来的に考えている方はもちろん、いまの会社にいる方も年収が下がったときのことを考えて返済プランを立てていきましょう。

利子の減りが遅い

基本的に住宅ローンは元利均等返済という返済方法で組まれることが多いです。

元利均等返済

返済額が一定という一方で、借入額と利子の減り方が遅く、総返済額が元金均等返済よりも多くなります。

ボーナスローンはさらに利子の減り方が遅く、総返済額が多くなります。

たとえば、年間の借入総額が同じだと仮定した場合、毎月の返済額は、毎月一定返済のローンよりボーナスローンの方が少なくなります。

繰り返しになりますが、「毎月の元金の減りが少ない=利息が減りくい」ということになります。

総返済額が毎月一定返済の方が少ないのであれば、その方が返済プランも立てやすいので無理なく返済していけます。

ボーナス払い変更のリスク

「ボーナス払いにしたものの返済がキツイ、プランを変更したい・・・」

というようなことになったとしても、すぐに対応してもらえるとは限りません。

金融機関によってはボーナス払いの変更自体が厳しかったり、ボーナス払いから変更すると手数料がかかる可能性があります。

「どうしてもボーナス払いで住宅ローンを組みたい」という方は、事前に金融機関の担当者と変更についての条件を相談しておきましょう。

対処法

ボーナス払いは、早めにローン返済できたり、毎月の返済が楽になるというメリットがあります。

そういったメリットをボーナス払いではなくても享受できる方法があります。

繰り上げ返済すればいい

繰り上げ返済は、「究極の投資」というひともいるくらい効果があるものです。

返済額が増えるほど、利息が減っていきます。

ボーナス払いに追われて家計を圧迫するような返済をするよりも、毎月余裕を持って返済し、余った分を繰り上げ返済していく方が精神的にも負担が少なくなります。

住宅ローン会社を複数見積もりする

ローン会社を一つに絞って見積もりをしてしまうと、審査が通らなかったり、金利が高くなってしまうというリスクがあります。

審査が落ちると、結局他の銀行で再審査することになったり、金利がたかければ借り換えをすることになるなど二度手間になってしまいます。

そういったことにならないためにも、あらかじめ住宅ローンを複数社で見積もりをしていきましょう。

審査や相談自体は無料でリスクがありませんので、損はありません。
【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

早めに家計の見直しをする

どんなに最高の条件で住宅ローンを組んだとしても、その他で無駄な出費をしていたら将来的に支払いがきつくなっていきます。

そうならないためにもいまのうちから家計の見直しをしていきましょう。

早めに家計の見直しをしていけば、頭金や繰り上げ返済の金額も増えますし、確実に返済が楽になっていきます。

保険や税金など、お金についてはわからないことが多いはずなので、一度プロに無料相談してみましょう。
【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから


当ブログでも、節約をはじめとしたお金についての情報発信をしています。

「もっとお金について知識を身に付けたい」という方は是非他の記事も読んでみて下さい(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました