スポンサーリンク




【コロナ】マレーシアからインドネシアへ渡航できなかった話

コラム

WHOがパンデミック宣言を出して以降ものんきに外出している人が見受けられます。(僕もそのうちの一人です。)

渡航制限をだしてる国もありますが、仕事で仕方なかったり、なかには遊びで他国に行く人もいるでしょう。

「まだ入国禁止が発動していない国にいくから安心」

「自分は出国禁止の対象じゃないから行ける国なら安心して渡航できる」

今回の記事は、こういった考えをもった渡航をする方に向けての内容となってます。

本記事を読むことによって、報道されてる情報だけを信じて行動することがわかります。

マレーシアからインドネシアへ渡航できなかった話

マレーシアで欠航の知らせを聞く

3月19日に、マレーシアからインドネシア行く予定でしたが断念することになりました。

理由は飛行機の「欠航」です。

渡航が3月19日でしたので、インドネシアへの入国はギリギリ間に合うとばかり思ってました。

・3月17日,インドネシア政府は世界的な新型コロナウイルスの感染急増を受け,追加的な入国規制措置を発表しました。この追加的な措置は3月20日午前0時から実施されます。

・日本を含むすべての国に対する短期滞在の査証免除(BVK),入国時一時在留査証(VOA),外交公用査証免除が全ての国に対して1か月間停止されます。インドネシアに入国する場合は,事前にインドネシアの在外公館で目的に沿った査証を取得する必要があります。査証申請の際には,保健当局(Health Authorities)が発行する健康証明書(Health Certificate)の提出が求められます。

・直近の過去14日間にイラン,イタリア,バチカン,スペイン,フランス,ドイツ,スイス,英国に滞在歴のある外国人の入国・トランジットが禁止されます。日本は直接の規制対象になっていませんが,これらの国々に直近の過去14日間に渡航した日本人はインドネシアに入国できませんので,ご注意ください。

出典:在インドネシア大使館より

1日前なので、渡航できるものとばかりだと思っていました、笑

しかし、いきなりの欠航・・・。

欠航の知らせを聞いたのは空港についたばかりだったので正直拍子抜けしました。

しかも、時間をずらしたところで当然運航する便はありません。

マレーシアに関して、はマレー人以外の出国はできると聞いていたので、全面的に欠航になるとまでは予想していませんでした。

・第2に,マレーシア人の出国を禁止する。海外から帰国したばかりの者は,健康検査及び14日間の隔離(又は自主隔離)を受けることが求められる。

・第3に,観光客及び外国人渡航者の入国は全て禁止する。

出典: 在マレーシア大使館

欠航の理由は不明

航空会社のカウンターで欠航の理由を聞きましたが、明確な理由はフロントでは教えてもらえませんでした。

僕が利用した航空会社(もちろん格安です!)以外の欠航理由を調べたのですが、欠航理由をはっきりさせない会社がいくつかあることもわかりました。

渡航費を返金したくないからなのか、はっきり理由を言わない事情はあると思いますが、コロナに間違いないでしょう。

空港のカウンターで、

「今日のフライトはキャンセルになったので、日本のチケットを買ってください」

と半ば強制送還に近いような形で帰国することになりました、笑

キャンセルについて思うこと

すでにインドネシアのホテルも1か月分予約してありますし、インドネシアから日本の航空チケットも手配しています。

これらのキャンセルもしていかないといけません。

先日ニュースで大学生が旅行が中止になって返金してもらえなかったというインタビューを見ました。

もちろん、ツアー会社など契約会社の決まりもありますし、仕方ないというのもわかります。

とはいえ、いわば緊急事態かつ予想がつかない状況である以上は柔軟に対応してもいいのではないでしょうか。

また、政府もそういった返金についても対応を検討するべきです。

もちろん、その前にやることはあるでしょうが、コロナ収束後に対応するなどの姿勢を見せてくれてもいいと思います。

今後のために考えること

コロナ自体の感染も深刻ですが、それ以上に実体経済へのダメージは大きそうです。

今回の記事のように、ひとによって予想がつかない場面に出くわすことがさらに多くなってくるでしょう。

たとえ、いま報道されている情報が正しかったとしても、現実のスピードに情報がついていけず対応しきれなくなってしまいます。

一見正しいと思われる目先の情報に流されるのではなく、これから先にどういった状況になるか常に考えながら情報を分析していくことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました