スポンサーリンク




【コロナ】政府の雑すぎる対応まとめ【自分の身は自分で守ろう】

コラム

3月31日に日本でのコロナの感染者数が2000人を超えました。

東京都内では外出自粛が続いてる状況です。

昨日、芸能人の志村けんさんもお亡くなりになり、コロナに対する国民の不安は大きくなる一方です。

そんな中、政府の対応が注目されていますが、情報が発表される度に、対応の雑さを感じざるを得ません。

今回は、そんな政府の対応に疑問や不安を感じた政府の対応をまとめました。

僕の主観が含まれている部分があるのは否めませんし、もちろん、誠意を持って対応に臨んでいる政治家もいるでしょう。

とはいえ、不安感を持ってる人も一定数以上いることも否めません。

本記事を読むことによって、コロナの対応は政府の頼るだけではなく、「自分の身は自分で守るしかない」ということを考えるきっかけになってもらえれば幸いです。

政府の雑すぎる対応まとめ

政府の雑すぎる対応まとめ

入国管理が杜撰

上記のツイートのとおり、日本への入国は「ゆるゆる」でした。

僕は3月21日に羽田空港に到着したのですが、何一つ検査を受けずに入国し、そのまま夜の東京へと放り出されました・・・。

メンタリストDaigoさんの場合、成田空港で紙を書かされたみたいなのですが、僕の場合はそういったこともありませんでした。

詳細はDaigoさんの動画を見てもらうとわかるのですが、まあいろいろとツッコミどころがあります。

検疫をまともに受けていない人がもし感染していたら、それこそ(中途半端な)自粛は意味がないことが再確認されてしまいます。

入国者に紙に書いてもらったところで、自己申告の域を出ません。

一定期間、強制的にホテルなどの施設に隔離することが不可欠です。

むしろ、入国する際の隔離を拒否する以上は入国を許可するべきではないでしょう。

テクノロジーを使うのが遅い

3月31日でようやく下記の発表をしました。

世界ではGPSをつけたり、アプリでコロナ感染者の経路をわかりやすくするような対策もしています。

こういった技術は当然、日本にもあるはずですが、なぜいまのタイミングまで取り組まなかったのかナゾすぎます・・・。

政治家に知識がないのか、知っててもなにかしらの事情があって言えないのかはわかりませんが、なんのためのテクノロジーなのでしょうか・・。

旅行券とか意味ある?

旅行クーポンやイベント割り引き検討 消費喚起の経済対策 | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策をめぐり、政府は感染が収まったあとの消費の喚起策として、旅行やイベントなどに…

記事内では、旅行券やクーポンの配布はコロナが収束してからと政府は主張してますが、「収束するかわからないからこんなにパニックになってるんだろ」と言いたいです。

しかも、よりにもよって旅行券て・・・。

コロナで旅行業が厳しいからか、業界と「何かしらの関係」があるからなのかはわかりませんが・・・。

現金支給の方がはるかに景気対策になります。

オリンピック延期日程は早く決まる

世界的にコロナ対策に敏感になっている最中、オリンピック延期日程の決定。

いつ収束するのか確定していないのにもう日程を決めてしまったので、世界的に非難されています。

その他の政策はダラダラ引き延ばしているのに、オリンピック延期日程の決定だけは早い。

「オリンピック特需」や「国の威信」など理由はあると思いますが、景気が安定して、来日数が確保できなければ成立しません。

まずはコロナ収束が最優先なのに、優先順位が完全に間違ってますね・・・。

自粛要請の矛盾

各都道府県が自粛要請をしていますが、なぜかパチンコや満員電車は避ける場所の対象になっていません。

いろいろ事情があると思いますが、人が集まる場所は営業停止にしても良いレベルです。

また、自粛要請をしてるのに、対面で会議していますが、オンラインじゃだめなのでしょうか・・・。

自分の身は自分で守ろう

こういった言いかたは乱暴かもしれませんが、ここまでくるともはや自己責任になってきます。

外出する人は自粛要請してもし続けるでしょうし、政府の対応に期待してももはや効果がありません。

感染が拡大している地域に関しては、「とにかく引きこもる」というのが現時点での最良の対策です。
【コロナ】外出自粛中におすすめの過ごし方【引きこもりは最強】

ちなみに、僕の住んでる市内は感染者数がゼロなので比較的安心です。

コロナは夏には収束するとはいわれていますが、それも確約されたものではありません。

いまはすこしでも感染リスクを減らすため、そして、自分の身を守るために周りに振り回されず行動していくことが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました