スポンサーリンク






【必見】エンジニア・プログラマにおすすめ転職サイト3選

エンジニアの転職
おすすめの転職サイト3選+1

エンジニア転職を考えはじめたばかりならではの悩みはたくさんあると思います。

・エンジニアだけど給料が低い

・制作実績のある会社や大手で働きたい

・残業がある

・ワークバランス重視

・きれいなオフィスで働きたい

現時点であなたが上記のような悩みを抱えていたとしたら、転職しない時点で損しているかもしれません。

というのも、あなたのいまのスキルが市場価値が高いにもかかわらず、正当に評価されていない可能性があるからです。

エンジニアの需要は高くなる一方、人材の状況が追い付いていない状況です。

引用:経済産業省 IT人材調査 http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_report_summary.pdf

上記のとおり、「情報セキュリティ人材」も「先端IT人材」も2020年以降は不足の一途を辿っているのがわかります。

あなたが今の会社に中途で入ってからある程度年数が経っていたり、新卒で入ったのだとしたら、いまの市場からするとあなたの市場価値が上がっている可能性が非常に大きいです。

まあ、ちょっといやらしい言い方をすると、今現在は、「選びたい放題」なわけです。

本記事では、エンジニア・プログラマにおすすめの転職サイトをご紹介していきます。

3選+1にしたのは、1の 「BINAR」 のみハイクラス(年収1000万円)の転職サイトになるからです。

はじめての転職の方はまずは3選の中から、スキルや経験や自信のある方は是非「 BINAR 」に登録してみて下さい。

自分の市場価値を知るためにも比較検討することは大事です。

それでは本題に入っていきます。

エンジニア・プログラマにおすすめ転職サイト【3選+1】

下記のサイトから個別相談などで自分に合った条件のサービスを利用していきましょう。

おすすめの転職サイト3選+1

どれもエンジニア転職に強いサイトですが、細かい部分でそれぞれ強みが違います。

たとえば・・・

・求人登録数

・転職先の実績

・求人の条件

・ターゲットのユーザーの属性(年齢層・職種)

・履歴書や職務経歴書の添削はしてくれるか

・強いエリア

・転職祝い金

上記の条件を基準に選んでいきましょう!

それぞれのサイトによって強みが違うので、より幅広く視野を持ちたい方は全部登録して利用してみるのも全然ありです。

正直、1つのサイトだけ利用するよりは比べるものが多いため、そうした方がより自分の条件に合致した求人を見つけることができます。

それでは、各サービスの概要とメリットを見ていきましょう!

レバテックキャリア

【公式サイト】はこちらから

レバテックキャリアの概要

レバテックキャリアは、IT/Web系のエンジニア、に特化した転職支援サービスです。
はじめて転職するエンジニアをターゲットにしてるので、わからないことがあってもしっかりフォローしてもらえる体制が整っています。
主なターゲット層:IT/Web系エンジニア、クリエイター経験者・20代~30代・男性
関東、関西を中心にサービスを展開しています。 (エリア東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、福岡)

 レバテックキャリアのメリット

【1】IT・Web業界に特化しているので、4,000件を超える求人登録数をがあります。レバテックだけの非公開求人数も多いため、より希望に沿った転職活動ができます。
【2】専門性があるアドバイザーが強みを把握してくれるので、内定率、年収アップがしやすいです。
【3】企業別に職務経歴書の添削、模擬面談で事前準備を徹底的にサポートしてもらえるので転職を有利に進めやすいです。

GEEKOUT

【公式サイト】geek-out.jp

GEEKOUTの概要

パソナが運営するGeekOut(IT・webエンジニア向けの求人フィード型転職サイト)への転職申込プロモーションです。 IT業界・WEB業界専属キャリアアドバイザーがご経験に沿ってアドバイスを行います。 求人のご紹介から、応募書類の添削・面接対策・年収交渉までトータルで転職をサポート。

GEEKOUTのメリット

  1. エンジニアに強いアドバイザーが在籍しています 。
  2. IT業界以外にも製造業始めとしたIoT、ヘルスケア、大手金融機関など様々な業界の求人を取り揃えています
    また事業会社の求人も多数ございます
  3. 年収UPの転職可能です
  4. エンジニアの中でも多くの方が選考お見送りとなってしまいがちな面接。専任部隊が手厚くサポート致します。

BINAR

【公式サイト】 binar.jp

BINERの概要

BINAR は、ハイクラス専門で有名な「ビズリーチ」運営、年収1000万円のエンジニア向けであること、転職祝い金30万円 です。

BINERのメリット

  1. 特徴・年収1000万円以上のスカウトが届く(ノイズになる求人が少ない)
  2. ハイスキルエンジニア専用転職サイト(ノイズになる求人が少ない)
  3. 専属コンシェルジュがレジュメブラッシュアップなど丁寧なフォロー(電話、チャット、メールなど)
  4. 転職祝い金30万円
  5. スピーディーで効率的な転職活動が可能(レジュメ公開期間を限定することで、企業からのスカウトがまとめて届く。求人比較や選考を並行して出来るので効率的に転職活動できます)

転職サイト利用の注意点・コツ

ここからは、転職サイトを利用するにあたっての注意点とコツを解説していきます。

どのIT業界に限らず、どの転職サイトにもあてはまる内容となってます。

主な項目としては下記のとおりです。

・質の悪いエージェントも中にはいる。

・要望を遠慮してはいけない

・本名で登録する。

・転職サイトは複数登録する。

・可能ならば面接の模擬をしてもらう。

質の悪いエージェントも中にはいる。

人同士である以上、相性の良し悪しがあるのは仕方ないですが、なかには「こういったエージェントは避けたほうがいい」という場合があります。

たとえば、

・連絡が遅い、少ない。

・要望を聞いてくれない。

・言葉遣いが悪い。

筆者の経験上、基本的にエージェントの方は良い人が多いです。

ただ、万一常習的に上記のような特徴が当てはまったら、担当を変えてもらうなどの対応を取ったほうが良いです。

要望を遠慮してはいけない

給料、残業、休日など人によって求める条件は違いますが、最初は遠慮して条件を妥協する必要はないです。ただ、あまりにも求人と自分の希望条件がかけ離れているようであれば、落としどころを見つけたほうがいいと思いますが、最初のうちはそこまで深く気にする必要はありません。

本名で登録する。

エージェントの方に聞いたことがあるのですが、ときどき本名以外で登録する人もいるみたいです。

個人情報を提供することに抵抗を覚えるというのが理由の一つだとは思いますが、真剣に転職活動を進めていくのであればはじめから本名で登録するほうが良いです。

転職サイトは複数登録する。

転職サイトを利用する際は、サービスを比較するためにも最低2つ以上は利用するべきです。

エージェントの質や求人の質を確かめるには1つだと不十分です。

登録自体は数分ですし、自分に向いてないサイトだったらすぐに利用停止すれば問題ないです。

可能ならば面接の模擬をしてもらう。

転職サイトの中には、履歴書や職務経歴書の添削に加え、模擬面談をしているところもあります。

書類を作りこんだとしても、面談の準備をしなければ、転職の成功確率も下がってしまいます。

面談の準備もして、転職活動に臨んでいきましょう。

おすすめの転職サイト3選+1

コメント

タイトルとURLをコピーしました