スポンサーリンク
宅建士の転職




不動産への転職に女性が向いてる4つの理由

不動産の転職
この記事を書いた人
Ryota Nakanishi

当ブログの管理人。静岡在住。宅建士・FP
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーの資格を保有。
高校卒業後、アパレル販売員から不動産業界へ。
賃貸仲介や賃貸管理などの仕事を約4年経験。
不動産会社員時代の経験や、資格で得た知識を活かして不動産やお金について情報発信をしています。不動産メディア『任意売却ラボ』を運営
不動産のご相談、ライティングや記事の監修などもしてますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
プロフィールの詳細>
ライティング依頼の詳細>
お問い合わせ>

Ryota Nakanishiをフォローする

不動産といえば男性のイメージを持つ方もいらっしゃると思いますが、女性こそ不動産の仕事に向いていて活躍の場も広いです。

未経験でも不動産転職できるかな?

女性に合ったキャリアプランがあれば知りたいな。

今回は上記のような方を対象とした記事となってます。

本記事を読むことによって、不動産が女性のキャリア形成に向いている理由だけではなく、転職がうまくいく方法についても解説していきます。今後、不動産営業の仕事をしたいと思っている人にとっては特に役立つ内容となっています。

それでは、解説していきます。

不動産への転職に女性が向いてる理由

不動産への転職に女性が向いてる理由

女性のほうが不動産業界に向いているのには理由があります。もちろん、人それぞれ多少の違いはありますが、総合的に、これから解説していく理由は男性よりも優れていることが多いのです。

女性ならではの特徴が活きる

不動産は男性の営業マンがバリバリ仕事をしているイメージがありますが、実は女性の方が向いている特性があります。

  • 安心感がある
  • きめ細かな対応
  • 男性では気づかないことも気づく
  • 物件を選んだり広告を作るにもセンスがある
  • わかりやすくて丁寧

上記のとおり、男性よりも能力が高い部分が多いです。

もちろん、体力面においては男性の方が有利な場合が多いですが、それを考慮してもなお、女性の方が仕事に適性があります。

特に、営業に興味がある場合は、営業職としての転職も有利です。

事務作業も男性よりできる

他の業界でも同じかもしれませんが、事務作業も男性よりは女性の方が適性があります。

仕事の特性上、どうしても細かいので大ざっばになりがちの男性よりは女性の方が向いてます。

また、電話対応にしても、お客様からすれば声が低い男性が電話に出るよりも、女性が出た方が安心感があるというメリットがあります。

不動産業界でできる業務の幅も広くなれば、収入のアップにもつながってきます。

仕事の幅が広い

女性で営業が苦手な方は事務職がありますし、不動産の仕事といっても選べる業務の幅は広いです。

中にはお金を稼ぎたくて歩合制の仕事に就き、男性より稼いでる方もいます。

ただ、営業の仕事が嫌だからといって「とりあえず事務職」という思考は良くないです。

仕事内容を理解した上で、自分に適性の合った仕事を選んでいくことが必要です。

結婚や育児で社会と離れていても復帰しやすい

不動産は、1回仕事を離れたとしても、復帰しやすいです。

また、お子さんが小さい時はパート、大きくなっていくうちに派遣、正社員などと雇用の変化にも対応しやすいのが特徴です。

夜勤もないですし、繁忙期のよっぽど忙しいときでなければ、パートや派遣なら定時で帰れるので、家族との時間も作りやすいですよ。

最近では、ITの普及から、IT重説の仕事も増えてきました。これは、オンラインビデオでお客様に重説をする仕事で、出社の必要がなくリモートが可能です。もちろん、宅建を持っている必要がありますが、時給に換算すると2,000円以上になるので、空き時間に仕事をしたいという人は今後重宝するでしょう。

女性の不動産転職のポイント

不動産業界に転職する際の注意点を解説していきます。

キャリアプランを明確に

女性は、結婚・育児とライフスタイルが変わる場面が多いです。そういったことから、現時点の状況だけではなく、将来的なキャリアプランも考えていく必要があります。不動産は営業から事務職など、職種が変えやすい業界ではあるものの、ある程度は準備していく必要があります。転職の際は、女性専用の転職エージェントに相談するのも一つの方法です。

福利厚生の確認

最近の求人を見ていると、女性向けの福利厚生も充実している会社が増えてきました。チェックするのは、「産休」「育児休暇」「出産手当」「子ども手当」など育児に関連する部分です。そういった会社は、業務でも女性に対しての配慮があったり、環境が整っていることが多いです。

定時の確認

これは、別の業界にも言えることですが、定時は必ず確認しておきましょう。注意したいのが「みなし残業」。みなし残業が1ヶ月40時間だとしたら、それ以上残業しないと残業代がつきません。1ヶ月22日勤務だとしても毎日約2時間以上残業しないと残業代がつかない計算です。

そもそも、みなし残業はない会社を優先的に探しましょう。将来的に宅建を目指しているなら、勉強時間を確保するのは難しいですし、家事をする人はさらに厳しい状況になります。転職エージェントは会社の実態を把握しているところを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました