スポンサーリンク




【もう限界・・】住宅ローンの返済がきついときの解決策

住宅ローン
この記事を書いた人
Ryota Nakanishi

当ブログの管理人。静岡在住。宅建士・FP
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーの資格を保有。
高校卒業後、アパレル販売員から不動産業界へ。
賃貸仲介や賃貸管理などの仕事を約4年経験。
不動産会社員時代の経験や、資格で得た知識を活かして不動産やお金について情報発信をしています。不動産メディア『任意売却ラボ』を運営
不動産のご相談、ライティングや記事の監修などもしてますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
プロフィールの詳細>
ライティング依頼の詳細>
お問い合わせ>

Ryota Nakanishiをフォローする

「住宅ローンの支払い額は家賃並」とは言われますが、ボーナス払いがあったり、急な出費できついと感じでいる人は意外にいます。

今回は、住宅ローンの返済がきつい生活をしている方に向けての内容となってます。

本記事の対象読者
  • 子育てで急な出費がかさんだ
  • もともとの返済プランに無理があった
  •  収入が減った

 記事のなかでは、住宅ローンがきつくならないようにいくつか解決策を提示します。

本記事を読むことによって、いまの住宅ローンの返済がきつい環境から抜け出すきっかけになるはずです。

住宅ローンの返済がきついときの解決策

住宅ローンの返済がきついときの解決策

毎月の返済金額を減らす

ボーナス返済がきついのか、毎月の支払い額自体がきついのかを整理しましょう。

解決策はシンプルですが、まずは金融機関に相談してみることです。

返済スケジュールを調整してもらったり、難しいかもしれませんが金利も下げてもらえるか交渉してみましょう。なにかしらの条件(たとえば他のローンがあれば借り換えをお願いされたり、口座をすべてその銀行の指定になるなど)を提案されるかもしれませんが、交渉の余地はあります。

銀行も利息で利益を上げてるところがあるので、家自体に担保をつけてるとはいえ、なるべく支払いがなくなることは避けたいはずです。

相談するだけなら別にリスクはありませんし、すぐに行動していきましょう。

節約する

住宅ローン以外にも生活費で出費がかさんでしまうのは仕方がないことです。ただ、余計な消費もしていたり、もっと節約できる部分もあるか、一度見直して見ることも必要です。

具体的には、

  • 固定費を減らす
  • 消費を減らす
  • 不要品を売る

などがあります。

詳細は別記事で解説してますのでそちらをご覧ください。

一時的な節約になる部分もありますが、意外に必要なかった出費が把握できるようになります。

収入を増やす

生活を楽にするには。「支出を抑えて収入を増やす」というシンプルな方法が有効です。

支出を一通り削ったら、収入を増やすという手段が有効です。

転職する

住宅ローンの返済できついかもしれませんが、すこしでも余裕があれば転職を検討していきましょう。

金融機関に相談し、ある程度返済に猶予を与えてもらったら精神的にもふたんが今よりは軽くなるはずです。

共働きをする

もし、夫婦のどちらかしか働いてなければ、共働きも視野に入れましょう。

お子さんが小さいうちは、子育ても大変でしょぅし、時間も取りにくいと思うかもしれませんが、週に数時間働けばわずかでも負担が軽くなります。

また、ライターや動画編集など在宅でできる仕事も増えてきてるので、そういった仕事をすれば、時間も作りやすいですし肉体的にも負担は軽くなります。

住宅ローンを借り換える

あなたが今払ってる住宅ローンが数年前に契約したものだったり、当時営業マンに勧められて特に比較検討していなかった場合は、他の金融機関より支払ってる金利が高い可能性があります。可能性があります。

ネット銀行なら窓口より金利が低いものが多いですし、住宅ローンを借り換えたらトータルの返済金額が100万以上節約できた方もいます。

住宅ローンの借り換えを検討する場合は、早い方がトータルでの返済金額が少なく、負担が軽くなります。

診断は無料なので、いますぐ見積もりだけでもしてみましょう。

「住宅ローン借り換えセンター」

離婚・住宅ローン対策センターで離婚後の住宅ローンのお悩み解決いたします。

親に援助してもらう

一番良いのは住宅購入時に支援してもらうことですが(贈与税が非課税になるため)、どうしても住宅ローンの返済が厳しければ、援助をお願いしましょう。

毎月少しでも援助してもらえば、返済プランも改善しやすくなりますし、節約や転職について考える余裕も出てきます。

売却を考える

節約も厳しい、収入を上げたり、親の援助ももらえない・・・

売却は最後の手段です。

どうしても生活をしていくことが難しい場合は、売却に向けて動いていくしかありません。

売却といってもいくつか種類があります。

  • 通常の売却
  • 任意売却
  • 競売

住宅ローンの残債額や貯金額などその人の状況によって選ぶプランが異なります。

まずは、自分の持ち家の資産価値を査定して上で、金融機関と相談していく必要があります。

結果的に売却をしないとしても、自分の住んでる家の価値を知っておくことは重要なので、一度見積もりをしてみましょう。

戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

無理な生活は辞めましょう

住宅ローンを返済する解決策を提案させて頂きましたが、無理な生活をしていくことはやめましょう。

節約も大事ですが、結果的にストレスを貯めたり体調を崩して働けなくなってしまったら本末転倒です。

最後に、当ブログではお金やキャリアについての情報発信をしてます。

社会生活を送る上で必要なお金やキャリアについての知識を身に付けたい方は、是非他の記事もご覧になってみてください。

また、ライン@では記事の更新情報やブログでは書かない話などの情報も配信しています。

興味があれば友達追加をお願いします。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました