【FP監修】年収750万、住宅ローンの借入額の適正の目安は?【シミュレーションあり】

住宅ローン
この記事を書いた人
中西りょうた

当ブログの管理人。神奈川在住。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーの資格を保有。高校卒業後、アパレル販売員から不動産業界へ。賃貸仲介や賃貸管理などの仕事を約4年経験。
不動産会社員時代の経験や、資格で得た知識を活かして不動産やお金について情報発信をしています。
不動産のご相談、ライティングや記事の監修などもしてますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お仕事の詳細>
お問い合わせはこちら>
プロフィールの詳細>

中西りょうたをフォローする

こんにちは!住宅FP・宅建士の中西です!

年収750万円の会社員
年収750万円の会社員

年収750万円あるけど、どのくらい住宅ローンを借り入れればいいだろうか?

借入額の適正の目安が知りたい。

住宅購入をする上で、大半の人は住宅ローンを組みます。借入額を考えることは切っては切れない問題です。そこで今回は下記のような悩みや希望を抱える人にとっての内容となっています。

読者の悩み
  • 住宅ローンを組もうと思っているけど適正額がわからない
  • 適正額を知るための方法を知りたい
  • 年収750万円で持ち家を購入してもいいか不安

本記事を読むことによって年収750万円のあなたにとって適正額の目安だけではなくより詳しく知る方法についても解説していきます。適正額を知ることによって、あなたの住宅購入において最良の選択肢を選ぶことにつながります。

<筆者の実績>

僕自身、2級FPと住宅ローンアドバイザーの資格を持っています。不動産営業や金融機関など、どちらか一方の意見ではなくなるべく中立の立場での発信を心がけています。

年収750万、住宅ローンの借入額の適正額の目安

年収750万、住宅ローンの借入額の適正額の目安

住宅ローンは年収ごとに適正額はあるものの、一概には判断できません。判断基準を一つひとつ把握することによってよりあなたにとっての適正額を見極めていくことができます。判断基準を順を追って解説していきます。

家計で判断

まず住宅ローンの適正額は家計状況によって目安が変わってきます。

もしあなたが現在賃貸の場合は家賃が一つの目安になります。

家計全体の収入に対して、今家賃はどのくらいの割合でしょうか?平均的には全体の収入の3割前後が家賃と言われています。

例えば40万円の収入の場合は家賃が12万円前後ということですね。

ただ、注意点は3割以下なら安全でそれ以上が危険と一概には言えないことです。

家賃が3割以下でも貯金ができていなければ余裕はありませんし、4割でも他にお金を使わなければ余裕があるという人もいます。

あなたがいま賃貸で貯金がある程度できているのであれば、住宅ローンの月額支払いがいまの家賃くらいでも良いという目安になります。

年収だけにとらわれず家計全体で判断していきましょう。

年齢と融資期間

次に年齢です。住宅ローンを20代で組むのと40代で組むのは全く違います。

例えば返済期間が35年の場合、25歳で組むと完済時が60歳でもしかしたらまだ働いているかもしれませんよね。

一方で40歳で組んだ場合、完済時の年齢は75歳となります。返済期間の後半は年金生活になる可能性が高いので、その点も考慮してプランを立てていく必要があります。

手取りと返済比率

住宅ローンの返済プランを立てる上で注意点があります。それは返済比率を年収だけをみて判断することです。

返済比率・・・住宅ローンの年間返済額を年収で割って求めた比率。

返済比率の例を見てみましょう。(金利は除いて計算)

住宅ローンの借入額が4500万円(返済期間35年)で年収が750万円の場合

(4500÷35)÷750×100=約17

上記の場合だと返済比率は17%で、月々の支払い額は約11万円です。

一見すると収入に対しての負担は少ないように感じますよね。

ただ、注意しなければいけないのは、上記が年収ベースの計算となっているという点です実際の手取りはもっと少ないです。年収750万円の人はおおよその手取り額が年650万円となります。先程の例で年650万で計算すると、

(4500÷35)÷600×100=約21

先程の返済比率に比べて4%違います。4%を大きいと取るか小さいと取るかは人それぞれですが、いずれにしても年収ベースで考えるよりも負担と感じてしまいます。

手取り金額で考えたほうが、思ったよりも負担だったというミスマッチも防げます。

関連記事:住宅ローンの金利推移を徹底解説!今後はどうなる? 

借入額ごとのシミュレーション

ここでは借入額ごとに月々の返済額をシミュレーションしてみました。賃貸の人は、現在の家賃と比較してみましょう。(金利を考慮しない・小数点第二位以下は四捨五入で計算)

返済期間35年の場合

         

借入額 月々の返済額
4000万円9.5万円
5000万円 11.9万円
6000万円 14.2万円
7000万円 16.7万円
8000万円19万円

     

返済期間30年の場合

借入額月々の返済額
4000万円11.1万円
5000万円 13.9万円
6000万円16.7万円
7000万円19.4万円
8000万円 22.2万円

返済期間25年の場合

借入額月々の返済額
4000万円13.3万円
5000万円16.7万円
6000万円20万円
7000万円 23.3万円
8000万円26.7万円

         

関連記事:【住宅ローン】年収と借入額の関係は?注意点も解説!

     【頭金は○○割!?】住宅ローンの頭金はいくらがいいのか考えるコツ

住宅ローンの適正額を知る方法

住宅ローンの適正額を知る方法

本記事の前半部分を読めば、あくまでも適正の目安がわかるだけですが、ここからは住宅購入を検討しているあなたにとってより正確に適正額をしる方法を解説していきます。

まずは家計の状況を見直す

僕も住宅ローンの相談を受けることがありますが、結構みなさん家計について把握していないケースが多いです。この機会に、一度支出を洗い出してみましょう。

意外と無駄に払っていたお金があれば、住宅ローンも余裕を持って組めますし。

保険や教育費がこれから多くなりそうな場合はそれを踏まえて住宅ローンを検討していく必要があります。

信頼できるプロに相談

住宅ローン控除や頭金、購入物件など人それぞれ状況は違います。さらに精度を上げるためには別の方法で判断していく必要があります。

それは、プロに相談していくことです。

より正確な適正額を知るためには、住宅ローンアドバイザーや不動産会社ではなく家計や住宅ローンについてトータルで判断できるプロに相談しましょう。

⇛無料で相談してみる

素人の意見は参考にならない

住宅ローンについては正直、プロによっても意見がわかります。

素人が横からゴチャゴチャ言うものではないし、「住宅購入はコスパ悪いから賃貸にしとけ」などというのは購入を検討している人にとって大きなお世話だと思います。

「年収750万円 借入額4500万円」はそこまで負担にならないと思います。結局は住宅購入は本人達が幸せになればそれでいいし、もし不安を感じている人は周りも購入しているからといって無理するのは精神的によくないのでおすすめしません。

結局、購入でも賃貸でも先行きはわからないんですよね。それぞれのメリット・デメリットを把握した上で自分にとってどちらの選択肢が幸せにつながるか判断していくことが何よりも大切なことです。

タイトルとURLをコピーしました