スポンサーリンク
宅建士の転職




不動産の仕事のやりがいとは?【業界歴4年の宅建士が解説】

不動産の転職
この記事を書いた人
Ryota Nakanishi

当ブログの管理人。静岡在住。宅建士・FP
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーの資格を保有。
高校卒業後、アパレル販売員から不動産業界へ。
賃貸仲介や賃貸管理などの仕事を約4年経験。
不動産会社員時代の経験や、資格で得た知識を活かして不動産やお金について情報発信をしています。不動産メディア『任意売却ラボ』を運営
不動産のご相談、ライティングや記事の監修などもしてますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
プロフィールの詳細>
ライティング依頼の詳細>
お問い合わせ>

Ryota Nakanishiをフォローする

「やりがい搾取」「やりがい重視」など、やりがいは仕事をしていく上でかかせない単語になっています。

これから不動産業界で働こうと思ったり、すでに働いている人の中には、「不動産の仕事のやりがい」について知りたいという人もいるでしょう。

本記事では、「不動産の仕事のやりがい」というテーマで、本音で語っていきます。

ネタバレですが、記事の前半では不動産のやりがいについて、後半では、やりがいを得るためのポイントや注意点について解説していきます。

本記事の対象読者
  • 不動産の仕事のやりがいを知りたい
  • 不動産の仕事をしようと思っている
  • 仕事以外の楽しさってあるの?
  • 不動産の仕事で得られるものって何?

上記のような悩みをもった方に向けて参考になるよう、ガチの本音で書きました!

僕自身、過去に4年ほど不動産業界に身を置いてたので、それなりに仕事について考えてきました。少しでも参考にして頂ければ嬉しいです!

不安しかねえな。

不動産の仕事のやりがい

不動産の仕事にやりがいを求めない方がいい

さて、「そもそもやりがいとはなんだろうか?」なんてまどろっこしい説明からは入りません。やりがいなんて人それぞれ違いますし、細かいところまで冒頭から定義付けていたら、本題に入る前に令和が終わっちゃいますよ(笑)

というわけで、とりあえず「やりがい=楽しい、楽、充実している」ってイメージでいてもらえればと。あとは各々のイメージで(丸投げ)

具体的に解説していきます。

お金が稼げる

不動産の仕事、特に営業は他の業界よりも稼ぎやすい傾向にあります。

いきなりいやらしい話ですが・・・。サラリーマンで高い年収の仕事といったら、「保険、商社、不動産」あたりがあがってきます。固定給は安定してますが、年収にもある程度上限があるんですよね・・・。

不動産の場合は、売買仲介の営業が一番稼げます。都内なら20代で年収1000万円もゴロゴロいます。

ぶっちゃけ、「定時に帰りたい」「休日はゆっくり休みたい」という人はやめておいた方がいいですが、「とにかく稼ぎたい!」という人にはおすすめです。

お金は生活をしていく基盤になる大切なものです。お金を稼ぐことはダイレクトにやりがいにつながります。

宅建士の年収はいくら?収入アップのコツも解説します

いろんなスキルが身につく

僕は、バイト合わせると10以上の仕事を経験してきましたが、ぶっちゃけ不動産ほどスキルが身につく仕事はありませんでした。

  • 電話対応や窓口対応などの接客力
  • 商品を売り込む営業力
  • お客さんや上司に頼まれたらすぐに動けるフットワークの軽さ
  • 繁忙期でもフル稼働できる体力
  • 書類作成、処理能力など

思いつくだけでもこれくらいあります。僕は全くの未経験で業界に入ったので、最初は「ハードル高すぎ!」と思っていましたが、1年後には大きく成長できました。(少なくとも自分ではそう思ってる、(笑))

また、不動産の仕事は営業以外にも多くあります。ただ、共通しているのは結果を求められることです。結果を出すだめには、自分で工夫して仕事をする必要があり、その結果、主体性が身につきます。

もちろん、どう動くかは個人の判断や会社の環境による部分もありますが、それも含めて主体的に動くことができれば、想像以上のスキルが身につき市場価値が上がること間違いありませんし、非常にやりがいがあります。

ちなみに未経験でも不動産業界への転職は問題ありません。そもそも、新卒や同業からの転職の方が少ない会社が多いので、そこまで気にする必要はありません。未経験で転職しようと思ってる人は、こちらの記事が参考になりますよ(^^)⇛不動産転職は未経験でも大丈夫?【宅建士FPが業界事情を徹底解説】

いろんな人に会える

不動産業界で働くといろいろな人に会えます。僕の場合は、賃貸仲介や賃貸管理の仕事をしていたのですが、それはもう、医者や経営者から、ホームレス一歩手前の生活保護者(失敬)まで千差万別です。同じお客様ではあるものの、やっぱり話すトーンや説明の順序などはお客様によって変えていました。

スキルも身につくし、いろんな考え方がわかるところが非常にやりがいがあります。

トーク力などのコミュ力もつきますし、お金持ちと知り合いになることもできます。「お金持ちと知り合いになりたい!」という方は、下記のような「高級賃貸」の仕事がおすすめです。

doda

ちなみに、僕の同僚にはお客様と付き合ってた人もいたので、まさに出会いの宝庫ですね(笑)

これからAI化が進んでいくとは言われていますが、コミュ力は今後も必要になってきます。今よりさらにコミュ力を上げたい、これから身につけたい、という人にとっては不動産の仕事はうってつけです。

不動産の仕事でやりがいを得るには

不動産の仕事で得られるもの

不動産の仕事のやりがいを解説してきましたが、「不動産の仕事のやりがいはわかったけど、やりがいを得るにはどうすればいいの?」といった疑問も出てくるでしょう。

具体的になポイントや注意点をみていきましょう。

ギャップに注意

はじめからやりがいを求めすぎると、入社後にギャップを感じる可能性があります。そりゃ、自分でハードル上げてるんだから当然ですよね。

面白い話するねって言われて、オチが微妙だったことありませんか?

可愛い子紹介するって言われて、実際はそんなでもってことありませんか?

特に飲み会とかだと冷たい空気になるよね~

お前どのツラで言ってんだよ?

話を戻します。期待しすぎると、たとえ結果がそこそこでも、良く見えないってことです。

不動産の場合もそうです。

  • 土日休みって聞いててのに出勤がある
  • 収入が思った以上に安定しない
  • 上司が厳しい。

特に、新入社員の場合は、電話対応や物件更新、物件写真撮影など、いわゆる『ルーティーン」という単純作業が多いです。もちろん、接客ではなく事務作業が好きな方にとってはやりがいがあると感じるかもしれませんが、接客が好きで、細かく地味な作業が嫌いないな人にとっては結構きついでしょう。

やりがいが先行することで、現実が他の企業と同じような感じだとしても、期待値は下がります。典型的なのが住宅営業。「夢を売る仕事」という面もありますが、実際の業務は超ハードな会社が結構多い。あらかじめハードだと覚悟してる人は良いですが、そうでない場合は楽を求めるのは注意です。

会社選びが重要

上記のギャップを少なくするためにも、会社選びは本当に重要です。いくら不動産の仕事でやりがいを求めても、ブラック企業だったらよっぽどのドMさんじゃなきゃやりがいなんて求められないですって(´・ω・`)

もちろん、営業などは結果を求められることはあります。ただ、それでも無理に働かせたり、強引な営業をしていない会社を探していきましょう。

余裕のない会社ほど社員を安月給で働かせたり、訪問やチラシを営業マンに配らせるなど古典的な方法です。

そういった会社は、一般の求人に紛れ込んでいるので注意が必要です。競争率が低くて、穴場の「非公開求人」を利用することでそういったリスクを減らすことができます。積極的に利用していきましょう。⇛不動産業界でおすすめの転職エージェントまとめ!【非公開求人を狙おう】

まとめ:やりがいは気づいたらあるもの

やりがいは求めるものではなく、仕事をしていくうちに、徐々にやりがいだと気づいていくものでもあります。

やりがいを求めて転職しようとしても、求人に載ってるの情報だけでは、やりがいがあるかどうか判断するのは難しいです。あくまで想像の範囲にとどまってしまい、その結果、現実とのギャップが生まれてしまうわけです。だったら、やりがいを求めず、まず優先するのは働きやすい条件を求めることです。

仕事に余裕があれば、やりがいを感じやすくなりますし、自分のスキル向上にもつながります。もし転職活動をするなら、そういった待遇面に気をつけましょう。いわゆる「ホワイト企業」なら、仕事だけではなく、人生に余裕が生まれ、プライベートでもやりがいを見つけやすくなる環境になるでしょう。

繰り返しになりますが、「やりがい→仕事」ではなく、「仕事→やりがい」となっていくのが自然であり、ミスマッチを防ぐことができます。やりがいを求めすぎは禁物で、長期的に良い環境を求めることも重要です。

不動産業界の中でも、当然ホワイトな企業もあります。そういった会社でスキルを身につけ、市場価値を上げていけば、やりがいは自然と見つかるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました