スポンサーリンク




ファイナンシャルプランナー相談

『生活がきつい・・・』という方の対処法を徹底解説!

お金
この記事を書いた人
Ryota Nakanishi

当ブログの管理人。静岡在住。宅建士・FP
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーの資格を保有。
高校卒業後、アパレル販売員から不動産業界へ。
賃貸仲介や賃貸管理などの仕事を約4年経験。
不動産会社員時代の経験や、資格で得た知識を活かして不動産やお金について情報発信をしています。不動産メディア『任意売却ラボ』を運営
不動産のご相談、ライティングや記事の監修などもしてますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
プロフィールの詳細>
ライティング依頼の詳細>
お問い合わせ>

Ryota Nakanishiをフォローする

「生活がきつい・・・」というのは、年収が平均以下の人だけではなく、1000万円を超える高年収の人でも当てはまることも珍しくはありません。

生活がきつい人
生活がきつい人

生活がきつい、今すぐ抜け出したい
いまの生活より楽になる方法があれば知りたい

今回は上記のような悩みを持っている人に向けての内容となっています。

一人暮らしや母子家庭などそれぞれ状況は違いますが、生活がきついと感じてる人にとって共通の解決策があります。

本記事を読むことによって、いまの生活がすこしでも楽になる解決策を得ることができます。

さっそくですが本題です。

『生活がきつい・・・』という方の対処法を徹底解説!

『生活がきつい・・・』という方の対処法を徹底解説!

現状を把握する

生活がきついと感じている場合、何が原因なのか把握できてない人がいます。

現状を把握しない以上、対策しようがないので、思い当たる原因を書き出していきましょう。

支出が多すぎるのか、収入が少ないのか、なにに無駄遣いをしてるのか・・・

その人の状況により、原因をはっきりさせることが早期の解決にもつながります。

支出を減らす

支出が多すぎすことが原因で、生活がきついと感じている人は多いです。

現在の支出を一つづず書き出していけば、必ず削れる部分が見えてきます。

固定費を削る

たとえば固定費。いまと同じサービス内容だとしても、商品を変えることでコストを抑えられるものはいくつもあります。

  • 車を手放す
  • 保険を見直す
  • 住宅ローンを借り換える
  • 格安スマホに乗り換える

上記のようなものを、他の商品と比較しないでサービスへの加入や商品購入をした場合、コストを減らせる可能性が極めて高いです。

無料で見積もりできるサービスもありますので、是非一度確認してみましょう。

自己破産をする

自己破産というとあまり良いイメージがありません。

とはいえ、カードを使いすぎたり、多額のローン負債をしている場合は自己破産も選択肢にいれていく必要があります。

何百万、何千万円も借金がある場合、利息だけでも返済していくことは簡単ではありません。

住宅ローンがある場合は、さらに返済が厳しいこともあるでしょう。

持ち家の場合は、自己破産という選択は抵抗があるのもわかります。

ただ、住宅ローンを返済できなかったら、結果的に持ち家を手放すことにもなりますし、なによりも、返済で苦しい状況の中持ち家に住み続けることは良い選択とはいえません。

いずれにせよ、最初から「自己破産なんて無理」と判断して選択肢を狭めてしまうのではなく、一度情報を仕入れ自分の状況に照らし合わせた上で最終的に決めていった方がいいです。
「後悔しない自己破産するなら!」

環境を変える

いまの「生活がきつい環境」から抜け出すためには、いままでと同じような状況に置かれたままだといつまでも抜け出せません。

生活がきつい環境から抜け出すために、シンプルに環境を変えてしまいましょう。

田舎に住む

都会に住めば家賃が高いだけではなく、さまざまな「浪費」の誘惑があります。

至る所で買い物したくなったり、サービスを利用したくなるようなもので溢れています。

そういった環境の中にいては、お金を使いすぎて生活がきつくなってしまうのも当たり前とすら言えます。

東京だと、年収1000万円以上でも生活がきついという人がいるというのも納得できます。

簡単ではないですが、田舎に引っ越すことを検討しましょう。

田舎といっても田畑しかないところではなく、地方都市くらいでも十分に生活コストを下げることができます。

地方は都心に比べて人も少ないので、ストレスによる浪費を抑えることもできます。

こどもを預ける

こどもがいる場合は、教育費がかかったり、こどもが小さいため働きに出られなくに収入が限られ支出が増えていく家庭も出てきます。

母子家庭の場合などは特に厳しいでしょう。

そういった環境を変えるには、こどもを一時的に実家や場合によっては施設に預けることも必要です。

「こどもだから手元に置いておきたい」というのは親としては当然の気持ちですし、抵抗があるのはわかりますが、世の中には生活が厳しい余り、こどもへの虐待や一家心中に繋がってしまう場合もあります。

「自分たちにはありえない」と思っていても、生活に余裕がなくなり、ストレスが極限まで高くなってしまった状況の中でも、起こりえないと断言できるのでしょうか。

そういった最悪の事態を避けるためにも一時的にこどもを預けることも必要な選択肢です。

あくまで一時的なだけであって、その間に生活基盤を早く見直していけば預ける期間も短くなっていきます。

実家に帰る

生活コストのうち、3割前後を占めているのが家賃です。

もしあなたが、賃貸で生活している場合、可能ならば一度実家に帰りましょう。

実家に住めば生活費が大幅にコストカットできます。

年齢によっては「実家暮らしなんて」という人もいますが、一定期間だけなら別に気にする必要はありません。

実家に住みつつ生活コストを見直し、また生活に余裕が出てきたら一人暮らしを再開すればいいでしょう。

収入を上げる

生活を楽にするのに、即効性があるのは支出を減らすことですが、支出の改善をしたら、収入を上げることにも目を向けていきましょう。

収入を上げるための方法は主に二つ。

「転職」と「副業」です。

転職する

あなたがもし、いまの会社の待遇になにかしらの不満を感じていた場合は、転職する価値が十分にあります。

なによりも、自分の市場価値は思った以上に高いこともあります。

転職の市場価値とは、あなたの経験やスキルが市場がどのくらい評価されているかということです。その評価を基準に、年収や待遇が決められます。

自分の市場価値を把握するには転職エージェントに聞くのが手っ取り早いです。

転職エージェントは業界や職種ごとの特徴を把握しているので、より正確にあなたのスキルや経験を判断することができます。

まずは、自分の市場価値を確認してから転職するか決めても良いでしょう。

もちろん、相談から転職まで利用料は無料です。
転職のプロに無料で相談してみる

副業する

政府によって副業解禁がされてから、副業する人が増えてきました。

バイト、日払いからFXやせどり、ブログなどさまざまな副業があります。

もちろん、これらの副業は人によって向き不向きがあり、どれをやればどれくらい儲けられるかは一概には言えません。

とはいえ、行動しなければ自分にとってどの副業が向いてるかも判断することができないので、まずはお金がかからなかったり、手軽にできるものからはじめてみることをおすすめします。

また、もしあなたの会社が副業を禁止しているようであれば、副業可能な会社に転職してしまいましょう。

副業が当たり前になってきてる中、わざわざ禁止にするのは、率直に言って時代に合ってません。

十分過ぎるほど手厚い保証があるならまだしも、そうでない限りは、転職に向けて動くことが良い選択です。

見栄を捨てる

生活がきつい人の生活の原因の根本にあるのは「見栄」である場合が多いです。

見栄があるからブランドものを買ったり、良いマンションに住もうとするのです。

あくまで一例ですし、ブランド物を買ったり良いマンションに住むことを否定するわけでもありません。

要は、分相応な生活をしなければ年収がいくらあっても生活がきつくなるということです。

見栄を捨て、他人と比較するのを避ければ生活がきつい生活からも離れていくことができます。

見栄を張ったような生活をしていないか見直すだけでも、生活がきつい状況から抜け出す大きな助けになることは間違いありません。

プロに相談しよう

いろいろなところから情報が手に入る時代ですが、お金に関してはできる限り客観的に判断していくことが必要です。

プロに相談するにも初回は無料だったりすることが多いですし、結果的に今の生活を抜け出せるなら多少はお金をかけてもいいという考え方をすることもできます。

いずれにせよ、一人で抱え込んで八方塞がりになるのは避けたいところです。

ちなみに、当ブログでは無料でお金についての情報発信をしてますので、もしよければ他の記事もご参考下さい。

人生のマネープランをFPに相談してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました