スポンサーリンク




ファイナンシャルプランナー相談

『FPが厳選した』お金について学べるガチでおすすめのマンガ4選!

お金
この記事を書いた人
Ryota Nakanishi

当ブログの管理人。静岡在住。宅建士・FP
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーの資格を保有。
高校卒業後、アパレル販売員から不動産業界へ。
賃貸仲介や賃貸管理などの仕事を約4年経験。
不動産会社員時代の経験や、資格で得た知識を活かして不動産やお金について情報発信をしています。不動産メディア『任意売却ラボ』を運営
不動産のご相談、ライティングや記事の監修などもしてますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
プロフィールの詳細>
ライティング依頼の詳細>
お問い合わせ>

Ryota Nakanishiをフォローする
  • お金について学びたいけどビジネス本には抵抗がある。
  • お金について気軽に学べるマンガがあれば知りたい。

今回はこういった悩みを持った方に向けての内容となってます。

僕自身、職業柄多くのビジネス書やテキストなどお金について学んできましたが、いまでもマンガで勉強することがあります。

マンガはわかりやすいですし、登場人物の感情がダイレクトに伝わってくるので、お金についての情報もより深く入ってきます。

いままではお金やビジネスについて関心が無かった方でもエンタメとして楽しむことができますし、マンガをきっかけにビジネス書にも興味が出てくる人もいるでしょう。

本記事でご紹介するマンガを読むことによって、お金や社会の仕組みについての基礎知識を得ることができ、実生活において損することが少なくなるはずです。

それでは、本題に入ります。

お金について学べるガチでおすすめのマンガ4選!

お金について学べるガチでおすすめのマンガ4選!

インベスターZ

全21巻 三田紀房

マネー系マンガの中でもかなり有名な作品です。

経済や金融全般について学ぶことができ、第一線で活躍しているビジネスマン達の評価も高いです。

あらすじ

インベスターは投資、Zは主人公の苗字が財前なので、そのイニシャルです。
舞台は北海道の名門男子高校「道塾」。中高一貫で、毎年東大生を出すような学校です。
主人公が道塾に中学生として入学するところからスタートします。
道塾には「投資部」という秘密裏に活動されている部活があり、その部活での資産運用で得た利益で学校運営がされています。

学年1位の成績の主人公は新メンバーとして迎えられ、投資部でお金や社会について学んでいきます。

投資というと、一見難しいイメージがありますが、学園ものなだけあってかみ砕いて説明されています。学生でも十分に理解できる内容なので、推薦図書にしてもいいくらいの良作です。

作中で投資部の部長が、

「たかが金だ」と言った場面は非常に感動します。

この部分だけだとまったく感動が伝わらないと思いますが、詳しくお話してしまうとネタバレになってしまうので、気になる人は是非読んでみて下さい。

また、作者の三田さんはドラゴン桜やエンゼルバンクなどの作品も手がけています。

インベスターZよりはお金について触れられている部分は少ないものの、社会の仕組みについて学べるという点では引けを取らない良作です。

バビロンの大富豪

以前に別の記事でも紹介しましたが、100年以上前に出版された本を漫画化したものです。

内容は「金持ち父さん貧乏父さん」に似ていて、お金持ちになるための方法を描いています。

といっても、「〇ヶ月以内に100万円稼ぐ」といったような表面的なテクニックではなく、資産を増やし、お金に縛られずに生きられる「普遍的な知恵」を学ぶことができます。

舞台は古代バビロンですが、世界史の知識がなくてもスラスラ読める内容となってます。

本質はお金の話なので、歴史的背景をそこまで気にする必要もありません。

本書を読むことによって、お金への考え方や使い方が変わります。

もちろん、すぐに大富豪になる可能性は限りなく少ないですが、それでも今までよりお金に振り回されることは少なくなるはずです。

闇金ウシジマくん

全46巻 真鍋昌平

タイトル通り、闇金業者のウシジマくんと、ウシジマくんから借金する人達の物語です、笑

あらすじ

他の金融機関から見捨てられた多重債務者たち。
ウシジマくんの経営する「カウカウファイナンス」は10日5割の超暴利闇金融。
作品ではウシジマくんと従業員たち、多重債務者の人間関係が描かれています。

読者のコメントでは「陰惨すぎる」「救われない」というネガティブなものが多いですが、そのネガティブさこそがこの作品の象徴なのです。

多重債務者は、フリーターや学生、サラリーマンなどどこにでもいるような人たちばかりです。

世の中には闇金とまではいかないまでも、大半の人はなにかしらのローンを組んでいます。

事業ローン、カーローン、奨学金、住宅ローン・・・・。

ローンといっても借金であることには変わりありません。

こういったローンから闇金に手を出してしまう人もいるわけで、「明日は我が身」という可能性もゼロではありません。

お金との付き合い方を間違えるととんでもない方向に向かってくという教訓を学べると言う点では良作です。

是非読んでみて下さい。

クロサギ

全20巻(新クロサギは全18巻、新クロサギ完結編は全4巻)原案 夏原武 作画 黒丸

10年以上前にドラマ化もされている作品です。

あらすじ

詐欺師には、人を騙して金銭を巻き上げる白鷺(シロサギ)、異性を餌として心と体を弄ぶ赤鷺(アカサギ)、そしてシロサギやアカサギのみを喰らう黒鷺(クロサギ)がいる。

本作品は、父親がシロサギによって嵌められた末に起こした一家心中で、ただ独り生き残った青年「黒崎」が、この世のシロサギを喰い尽くすため、詐欺師を騙し返す“クロサギ”となって立ち向かうサスペンス作品。

詐欺師が中心の物語ですが、どういった経緯で人が騙されていくかのプロセスがわかります。

ビジネス上の詐欺も多いため、お金や社会の仕組みについて学ぶことができます。

原案が夏原武さんというルポライターの方がされているので、実話に基づいたリアリティーのある作品です。

作品では、一般の人達が詐欺師達の巧妙なテクニックによって騙されていきますが、クロサギによってお金を取り返してもらえます。

ただ、現実でもし詐欺にあってしまったらお金を取り返すことは簡単ではありません。

もしかしたら僕らも詐欺師やそれに近いものから知らないうちに騙されているかもしれません。

お金や世の中の仕組みを知らないことがいかに怖いことか思い知らされる作品です。

まとめ

ここで紹介した作品以外にも、お金について学べるものはたくさんあります。

僕自身、まだ読んでない作品もありまして、今後さらに良作を見つけたら更新していきます。

当ブログでもお金についてなるべくわかりやすい情報発信を心がけてますので、もしよければ他の記事ものぞいてみて下さい(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました