スポンサーリンク
宅建士の転職

宅建持ってなくても不動産業界の就職はできる?

女性が横たわってる不動産の転職
この記事を書いた人
中西りょうた

当ブログの管理人。神奈川在住。
宅地建物取引士・ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザーの資格を保有。高校卒業後、アパレル販売員から不動産業界へ。賃貸仲介や賃貸管理などの仕事を約4年経験。
不動産会社員時代の経験や、資格で得た知識を活かして不動産やお金について情報発信をしています。
不動産のご相談、ライティングや記事の監修などもしてますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お仕事の詳細>
お問い合わせはこちら>
プロフィールの詳細>

中西りょうたをフォローする

不動産業界で求められる資格である「宅地建物取引士」。

不動産業界への就職を考えている人の中には、まだ宅建を持っていない人もいるでしょう。

それでは、宅建資格を持っていなければ不動産業界へのできないのでしょうか?

今回は不動産業界へ就職するのに宅建が必要かどうかについて解説していきます。

そして後半では宅建をもっていなくても不動産業界に就職する方法についても解説していきますので、「まずは不動産業界に就職したい」という方については特に役立つ内容となってます。

宅建士持ってなくても不動産営業の就職はできます

不動産業界は人手が足りない

不動産業界は離職率が髙いといわれています。昔よりもだいぶ労働環境が改善されてきたものの、依然として人員の入れ替わりが激しい業界であることには変わりません。

不動産業界は、業界内の転職もしやすく、ある程度年数を経験したらより待遇の良い企業に転職する人も多いです。

そのため、常に人員が不足している企業は、宅建をもっているかどうかにかかわらずわりと採用してもらえやすいという状況にあります。

資格よりも売上重視

不動産会社の中には、資格よりも売上を作れる人材の方がほしいというところもあります。特に投資物件の仲介会社なんかはその傾向が強いです。

売上重視な分、固定給が少なく歩合が髙い会社が多いですが、その部分を気にしない人にとっては良いでしょう。

宅建がなくても就職するには

資格なしの会社を選ぶ

先述したとおり、資格がなくても採用してもらやすい会社は一定数あります。

そういった会社をピンポインとで狙って就職活動をしていくのがおすすめです。

【完全版】不動産業界でおすすめの転職エージェント3選【非公開求人が狙い目】でも解説していますが、非公開求人には特に資格なし、未経験可能の求人もあります。

前職がサービス業や営業でしたら、わりと苦労せず不動産業界に入りやすいです。

とはいえ、はじめて不動産業界に入る人だけではなく、資格がない人はエージェントのサポートを受けながら就職活動をすすめていきましょう。

まとめ

宅建がなくても不動産会社に就職するのは可能ですが、多くの会社は入社後に宅建資格を取るようにすすめられます。

入社後には仕事を覚える必要があり、まとまった時間が取りにくいため、早いうちから勉強に取り掛かることは必要です。

資格スクエアなど、いまはオンラインスクールも充実していますので、まずは無料で資料を取り寄せたり、説明会に参加してみるのもとてもおすすめです。→無料で相談してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました