スポンサーリンク




【神トーク】ビジネスマン必見!トークに必要な7つのコツ  

キャリア論

仕事をしていく上で、トークスキルがないと困る場面は多いですよね。

トークスキルは重要ですが、意識して学んだり実行している方は少ないのではないでしょうか。

  • 仕事で人間関係が不安
  • 部下が言うことをなかなか聞いてくれない
  • 自分が考えてることをうまく伝えられない

今回はこういった悩みを持つ方に向けての内容となってます。

本記事で紹介していくスキルを身に付けることによって、相手とトラブルが起きるのを防いでいけるだけではなく、相手の信頼を得ることができ仕事をうまくすすめることができます。

本記事のタイトルに「神トーク」とありますが、これはベストセラーのビジネス本「伝え方しだい」で人生は思い通り 神トークから拝借したものです。

本記事の内容もこちらの内容を参考にさせて頂きました。

他のビジネス本の良いところを抽出したような内容になっているので、ビジネストークを学べる「バイブル」としても役に立ちます。

もし、本記事だけでは足りない方は是非本も読んでみてみて下さい(^^)

【神トーク】ビジネスマン必見!トークに必要な7つのコツ 

【神トーク】ビジネスマン必見!トークに必要な7つのコツ 

トークがうまくなるには下記の目的を意識していきましょう。

  • 話を聞くに値する人と思われる日常での振る舞い
  • 相手に「安心感」を与える
  • 相手の「承認欲求」を満たす

これから紹介していく方法もこれらを意識したものになります。

相手の言うことを最後まで聞く

ビジネスだけに限らず、相手の話を最後まで聞かない人はいます。

特に話を遮ってしまうパターンはわりとあてはまる人もいるのではないでしょうか。

「相手の話を最後まで聞かない=自分が話したい」という風にも捉えられます。

最後まで聞かないことに悪気はなくても、相手にとって不快に思われてしまします。

たとえば、話が終わったと思ったのが実は終わってなかったりする場面があてはまります。

あいづちをうまく使うことで、相手が言いたいことが最後まで主張していくことが大切です。

難しいですが、相手に全部情報を引き出すように上手くあいづちを打ったり、質問していくことも意識していきましょう。

相手の言うことを絶対に否定しない

ビジネスにおいては、意見のぶつかり合いをする場面もでてくるでしょう。

そういった衝突を避けるためにも、相手の言うことを否定してはいけません。

特にありがちなのが部下から上司への意見や提案をするときです。

あなたのまわりにもいませんか?

部下の発言に対し、一言目から否定で入る上司。

その場は丸め込んだつもりでも、その後は意見をいうことすらしなくなるために、結果的に良い仕事を生み出すことができなくなってしまいます。

まず、相手が意見を言ったら「理解している」という意思表示をしましょう。

あいづちを打つだけではなく、相手の発言を反復して確認するのがおすすめです。

ひとそれぞれ考え方が違うので、すべての意見に対して「共感」することは難しいですが、「言ってることは理解できる」という姿勢を相手にわかってもらうことはできます。

たとえ相手と意見が違うとしても、まずは相手をわかろうという姿勢が重要です。

上司部下、先輩後輩などの上下関係にかかわらず、人間関係においては相手を絶対に否定してはいけません。

話を聞く時は腕も脚も組まない

リラックスをしてるつもりで腕や脚を組んでる人もいますが、相手からしたら心理的に「防御」されているような感覚になります。

「トーク力」とは、話す力だけではなく、むしろ聞くことに力を入れることが不可欠です。

相手の意見を引き出せなかったら、それ以上会話をスムーズに進めることができにくくなりますのであたりまえですよね。

まずは腕や脚を組まず、身体が相手から反れてたら直しましょう。

横に並んでいるような状態だったとしても、すこしでも身体を相手に傾けましょう。

腕や脚を組んでたら、相手が話をはじめたら解きましょう。

そういった「聞く姿勢を作る」という行為は相手が気づくくらいがちょうどいいです。

その方が相手に「聞いてもらっている」というのをわかってもらうことができます。

相手に好きと言う

相手に好きと言うといっても、その相手が男だったら・・・ちょっとまずいですよね、笑

このときのポイントは、相手の行動や物が好きだと伝えることです。

たとえば、部下に対して、「そういうマメなところが好きだよ」とか、上司に対しては「そのネクタイの柄明るくて好きです」などです。

ただ漠然と「好きです」ではなく、具体的に「どこが好きか」「なにが好きか」と伝えることで変ないやらしさもなくなります。

「好きだ」というだけならこどもでも言うことができます。

具体的に正しく、かつ誤解のないように表現することができるビジネスマンのスキルであり、「神トーク力」です。

相手の言葉を繰り返して相槌を打つ

一見シンプルで地味な方法ですが、効果は絶大です。

あまり大きい声では言えませんが、僕なんかはあまり興味がない話でもこの「相手の言葉を繰り返して相槌を打つ」というのが職業柄しみついているので、相手は勝手に話し続けてしまいます。

それほど効果はあります。

はじめは興味があまりない話だとしても、これを繰り返しているうちに興味が出てくることもあるので不思議です。

繰り返しますが、相手の話を引き出すことも「トーク力」に入ります。

よっぽどやり過ぎないかぎりは、相手も不自然に感じることはありません。

むしろ最初は「少しおおげさかな」でちょうどいいくらいです。

意識すればだれでもできることなので、すぐにでもやってみてください。

人の悪口を言わない、人の批判をしない

あたりまえなようでついついやってしまいがちです。

飲み会や会議など、人の悪口を言ったり批判してしまう場面ってありますよね。

人間なので、誰でもストレスを貯めてしまうのは仕方ありません。

ただ、気を付けたいのが悪口や批判と、意見は違います。

悪口や批判は具体性がなかったり、感情をそのまま言葉にします。

なんの生産性も生み出さず、だれのためにもなりません。

意見は具体的かつ論理に基づいた発言なので、はお互いの価値観を共有したり、仕事の発展に貢献します。

相手に対して「むかつく」「嫌い」という感情を抱いてしまうのは仕方ありませんが、理由を追及していかないと自分にとっても損です。

周囲でいい気分にならない人もいるでしょう。

はじめから人に吐き出すのではなく、まずは客観的に自己分析していきましょう。

話す時は名前を呼ぶ

人には誰かに認められたい「承認欲求」というのが少なからずあります。

会話に名前を挟むだけで、相手の承認欲求を満たすことにも貢献します。

また、ビジネスの場合は特に、相手の名前を挟まないと、誰に向かって言ってるのかわからない場面ってありますよね。

忙しいときだと、本当は自分に向けられててもスルーしてしまう方もいます。

そうなってくると「なんで無視しているんだ」というトラブルにもなりかねません。

もちろん、最初の発言のときだけでなく、会話の要所に名前を挟みましょう。

まとめ

ここまで記事を読んで気づいた方もいらっしゃると思いますが、トーク力といっても相手の話を聞く姿勢が一番重要です。

いわゆる一般的にトーク力と思われている「会話のテクニック」的なことには触れませんでした。

それは、「会話のテクニック」に目が行き過ぎて聞くことがおろそかになりがちですし、相手の話を聞くことがトーク力の前提であり本質だからです。

話しかたについても知りたい方は面白い動画を見つけたので、こちらも見てみて下さい(^^)/

嫌われる話し方を改善する方法

今回の内容で思い当たることがある方はぜひ実行してみてください。

本記事を読んですこしてもビジネスにお役に立ててもらえれば嬉しいです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました