不動産転職は30代未経験でもOK!【転職のコツや注意点を徹底解説!】

中西諒太
監修者
静岡県出身。株式会社了代表取締役。
宅地建物取引士/2級ファイナンシャル・プランニング技能士/住宅ローンアドバイザー/日商簿記検定2級
賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理会社にて勤務後、独立。
現在はWEBメディア運営と不動産賃貸業の事業を経営。
会社のホームページはこちら>
お問い合わせはこちら>

30代未経験で不動産業界に入りたいと思う人は少なくありません。これから転職活動をしようと考えている人の中には、果たして未経験の30代でも不動産業界に入れるか不安という人もいるでしょう。

本記事は上記のような不安を抱えている人に向けての内容となっています。

本記事の内容
  • 不動産業界に未経験30代でも転職できるコツ
  • 30代でも不動産業界でキャリアアップできるのか
  • どうすればより有利に転職活動を進められるのか

本記事を読むことによって30代未経験でも不動産業界に転職し、キャリアアップしていけるノウハウについて知ることができます。

これから今よりさらに高年収や高待遇を実現したいという人はぜひご参考くださいませ。

不動産業界は他の業界とは違った独自のルールや待遇があります。そのため転職活動をするときはより不動産事情に詳しいところから情報収集をしていくことが重要です。不動産業界に強い転職エージェントは下記で紹介してますのでぜひご参考くださいませ。
関連記事:【完全保存版】不動産業界の転職で本当に役に立つおすすめの転職エージェント【経験者・未経験者別まとめ】

目次

不動産転職は30代未経験でもOK

不動産転職は30代未経験でもOK

結論からいうと不動産転職は30代未経験でも問題ありません。不動産業界は若いというイメージを持つ人もいるでしょうが、なぜ30代未経験でもOKなのか具体的に解説していきます。

30代はいままでの経歴が役立つ

不動産業界は他の業界に比べて良くも悪くも結果が求められます。結果を出せれば待遇も上がっていきますしキャリアアップにつながります。30代は新卒と違っていままで社会人経験があるので、誰でも何かしらのスキルや経験を持っています。

特に営業経験がある人は不動産営業において即戦力になります。当然営業で成績を出してきた人は不動産営業で結果を出しやすいです。

現在不動産営業で活躍している人の中には、もともと別の業界の営業で活躍していて、「もっと単価が高い業界で稼ぎたいから」という理由で30代を過ぎてから不動産業界に転職してくる人もいます。

もちろん営業以外にも事務や総務、経理の仕事をしてきた人もその経験を活かせます。不動産業界も基本的に職種は他の業界と同じです。同じ職種をしていた経験があれば業界がかわるだけなので転職を成功させやすいといえます。

関連記事:【意外?】不動産業界に向いてる人の特徴【目的が大事】

30代はまだ若い

不動産業界でいえば30代はまだ十分にわかい年代です。実際のところ不動産業界はいまだに電話・対面・FAXなどアナログな業務が中心です。これはまだ業界の年齢層が高くIT化が進みづらいというのが理由にあります。

もちろん「不動産テック」といわれるIT化を進める企業も増えてはきましたが、まだまだアナログの業務は残っています。

もしデジタルな業務に自信があったり、過去の仕事で業務効率に意識していた経験があればそのあたりを自己PRしていけば転職活動を有利に進めていくことにつながります。

キャリアアップも十分可能

30代から未経験で不動産業界に入ってもキャリアアップは十分に可能です。

実際、不動産業界の中にも30代から業界に入って役職につく人も珍しくありません。もちろん今までの経歴や今後の努力次第ではありますが、他の業界に比べるとチャンスが多いです。

特に営業は実力次第なので結果を出せば待遇、給料などキャリアアップをしていくことができます。

30代で転職しやすい職種は?

「30代ならこの職種は転職しやすい」というのは特にありません。というのもいままでの経歴や今後の目標に左右されてくることがあるからです。

たとえばいままで経理をずっとやってきたのにいきなり営業にチャレンジするのは簡単ではないですし、逆に営業でトップを取った経験があれば名のある不動産会社へ就職することも不可能ではありません。

30代の場合はこれから新しくやりたいという要望だけではなく、いままでの経歴やスキルをどう活かしていくのかもあわせて考えていく方が転職活動もうまくいきます。

30代未経験で不動産転職するコツと注意点

30代未経験で不動産転職するコツと注意点

30代未経験で不動産転職するのは考えているほど難しいことではありません。

もちろん転職活動するときは情報収集は必須ですし、なんの対策もせずに履歴書を送ったり面接しても採用は難しいです。それは業界や経験に限らず同じことです。

ここからは不動産転職を有利に進めていくにはどうすればいいか、転職のコツや注意点について具体的に解説していきます。

あった方が良い資格

こちらの記事でも解説してますが不動産業界では宅建は間違いなくないよりはあったほうがいいですし、転職活動を有利にすすめていくことができます。

不動産業界では他の業界と比べてそこまで学歴が重要視される業界ではありません。そのため宅建を持ってなくても働いている人も珍しくありませんが、宅建があればその分多くの仕事ができるチャンスがあります。

また営業も事務も宅建があればどちらの仕事をすることもできます。一生使える資格なので少しでも早いうちに取っておくことをおすすめします。

その他に宅建以外に”不動産資格の御三家”といわれる管理業務主任者とマンション管理士があります。これらは管理会社の仕事で役に立ちますが、仲介だとそこまで重要ではありません。仲介の場合はファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーの方が親和性が高い資格です。

このように不動産業界で役に立つ資格は仕事内容によってもかわってきます。まずは宅建を取り、そのあとに仕事にあわせてとっていきましょう。

資格について詳しいことは下記でも詳しく解説してますのでご参考ください。

自分が活かせる職種を見つける

不動産業界で未経験で転職するときは、なるべく自分に向いている職種を選ぶことが重要です。「この仕事をやってみたい」と希望するのは悪いことではありませんが、それが自分のいままでの経験やスキルが活かせる職種でなかったら転職を成功させる確率が下がってしまいます。

不動産業界は非常に多くの職種があります。営業といっても仲介、買取、開発がありますし、事務職といっても経理から営業のサポートまであります。不動産業界の職種について一通り知っておくだけで自分が活かせるような職種が見つかります。

当サイトでは多くの職種についても紹介しています。

不動産業界の職種を知る上では下記の記事が役に立ちますのでご参考くださいませ。

いままでの実績がないときつい

繰り返しになりますが、30代未経験で不動産業界に転職するときはいままでの経歴が重要です。

「なにをしてきて不動産業界にどう役立つのか」ということが説明できないと転職活動のときに採用する側を納得させるのが難しいからです。

いままでの職歴と希望する不動産業界の職種の関連性をどう説明していくかで採用される確率も変わってきます。

またいままでの経歴でどの部分が役に立つかは自分だけだと判断しづらい部分もあります。

たとえばいままで「営業部署のマネジメントポジション」をした経験があり、営業に応募したとしても、マネジメントのスキルを買われ「経理部署のマネジメントポジション」として採用されることもあります。

いままでの経歴を洗い出し、整理するには自分だけだと限界があるので、うまく転職エージェントなど第三者の意見を取り入れながら取り組んでいきましょう。

不動産業界は他の業界とは違った独自のルールや待遇があります。そのため転職活動をするときはより不動産事情に詳しいところから情報収集をしていくことが重要です。不動産業界に強い転職エージェントは下記で紹介してますのでぜひご参考くださいませ。
関連記事:【完全保存版】不動産業界の転職で本当に役に立つおすすめの転職エージェント【経験者・未経験者別まとめ】

この記事を書いた人

静岡県出身。株式会社了代表取締役。
宅地建物取引士/2級ファイナンシャル・プランニング技能士
住宅ローンアドバイザー/日商簿記検定2級

賃貸仲介・売買仲介・賃貸管理会社にて勤務後、独立。
現在はWEBメディア運営と不動産賃貸業の事業を経営。
会社のホームページはこちら>
お問い合わせはこちら>

目次