スポンサーリンク




「ながらスマホ」にあたるのはどういう行為?【結論:スマホを使わないのがベスト】

コラム

先日僕はこういったツイートをしました 。

ツイッターではさまざまな意見が飛び交ってますね。

「免停は厳しすぎる」「懲役でもいいくらい」

ひとによって立場は違うので、意見が食い違うのは仕方のないことです。

車を乗ってる時間ですらも仕事を進めたい人もいますし、自分や家族がながらスマホが原因で事故の被害者になってしまった人もいます。

1年で死亡事故率が2倍以上になってるので行政が動き始める理由は十分です。

どこからが「ながらスマホ」なのかを調べ、続けようとする人もいますが結局は現場の警察官の裁量次第なので100%の抜け道はありません。
あなたの家族も「ながらスマホ」が原因で事故に遭うリスクもあります。
たった一瞬車から目を離すことで一生を台無しにしてしまうかもしれない。
あれこれ抜け道を探すよりも、「スマホは車で使わない」と決めたほうがリスクも減るし精神的に安定すると思います。

結論は上記の通り「スマホは使わない」ですが、詳しくお話していきます。

運転中のながらスマホで免許停止の可能性も

罰則の強化及び違反点数の引き上げ

 改正前→3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金 
改正後→1年以下の懲役または30万円以下の罰金

反則金の適用はなくなり刑事罰の適用がなされ違反点数が2点から6点に引き上げられるため免許の停止

処分の対象となります。

行政の本気が伺えますね。

反則金も大幅に変更されました。

大型:7000円→2万5000円
普通:6000円→1万8000円
2輪 :6000円→1万5000円
原付:5000円→1万2000円
 
およそ3倍・・・。
これを見たら僕は違反しようとは思いません・・・。

どこからが「ながらスマホ」なのか?

ながらスマホといってもなにをし「ながら」なのか気になる方は多いと思います。

赤信号停止中の操作はグレー

「自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。」

道路交通法第七十一条 五の五  より引用

運転中の「ながらスマホ」禁止のボーダーラインは、タイヤが完全に止まっているかどうかのようです。

一応、「動いてない時ならセーフ」になります。

一応というのは現場の警察の判断によるからです。

例えば、自分は赤信号の時に操作してても、操作をやめたのと発進を始めたのが同時だった場合、

近くを通った警察官が「発進後に見ていた」といえば「アウト」です。

そして抵抗しようものなら「公務執行妨害」になっても文句はいえません。。

カーナビの画面を注視するのもアウト

車を買ったときに、走行中にも見れるように設定する方も結構多いんじゃないでしょうか。

ただ、走行中に注視するのもアウトです。

スマホと同じく、赤信号中に見ていても、警察官の判断しだいでは「アウト」です。

もちろん両耳のイヤホンも禁止

これはいうまでもないのですが・・・。

自転車では結構いるので、もしかしたら自転車への罰則もできてくるかもしれませんね。

スマホホルダーはどうなの? 

イ 専ら乗用の用に供する乗車定員 10 人以下の自動車(以下本条において「乗用自動車」という。)にあっては、次の(1)又は(2)に掲げる範囲にはり付けられたもの
であること。ただし、前面ガラスの上縁であって、車両中心線と平行な鉛直面上のガラス開口部の実長の 20 %以内の範囲にはり付ける場合にあっては、この限りで
ない。

出典:国土交通省ホームページ 道路運送車両の保安基準【2014.06.10】第29条(窓ガラス)

そのなかで、スマホをフロントガラスに固定するタイプでは、取り付け方によって違法になる可能性があります。車両に取り付けて良いものは、道路運送車両法の第3章「道路運送車両の保安基準」に規定されており、スマホホルダーに関連するものとして「29条4項」(窓ガラス)が該当します。

 条文には、車検証シールやルームミラー、ドライブレコーダーなどはフロントガラスへの取り付けは問題ないとしています。ただし、取り付けられる範囲としては、フロントガラスの上端から縦の長さの20%以内というのが定められています。

それでも「ながらスマホ」をしたい人へ

「ながらスマホ」がどれだけ厳罰化しても、飲酒運転と同様なくなることはないと思います。

ただ、厳罰の流れはこれからも加速していくことは容易に想像できます。

たとえば、いずれは危険運転致死傷罪(最高刑懲役20年)になる可能性もあります。

飲酒運転も20年くらい前はここまで厳罰化するとは思われてなかったですから。

「ながらスマホ」を使うことに対しては、

死ぬわけじゃないなら使わなくてもいいということです。

「ながらスマホ」を使うことで事故の確率が上がるのは間違いありません。

だったら、悲しみを生まないためにも使うのをやめるべきですよね 。

「でも仕事が忙しすぎる」という人もいるでしょう。

ただ、そもそも「ながらスマホ」をしなくてはならないほど忙しい会社にいる必要はないと思います・・・。

何ごとにも言えることだと思いますが、行動と予想されるリスクを考えることが必要です。

リスクを侵してまで「ながらスマホ」をしてもいいのか?

考えるまでもないですよね。

以上


コメント

タイトルとURLをコピーしました